糖尿病の検査~75gOGTT方法について~

75gOGTT検査というのは、糖尿病の代表的な検査方法のひとつです。
75gOGTT検査は、75gのブドウ糖を経口負荷することで摂食時の糖の流れを再現、食後高血糖をとらえることができます。
糖尿病をより早く診断するためには、この食後の高血糖をとらえることが重要になります。

75gOGTT検査は、75gのブドウ糖を経口負荷することで食後の糖の流れを再現、食後高血糖をとらえることができます。
ここで糖尿病の病態を理解するため、耐糖能ということについて説明します。
耐糖能とは、食事によって上昇した血糖値を正常に戻す代謝能力のことです。
わが国の2型糖尿病では、初期に食後の糖の代謝能力障害によって食後高血糖がみられ、進行してから空腹時高血糖がみられることが多いと言われています。

具体的な方法についてまとめます。
まず前日の夜は午後9時以降、絶食が必要です。
その後は10時間以上は絶食を継続します。
そして、ブドウ糖負荷の前に採血を一度行い空腹時血糖を測定し、その後、75gのブドウ糖を経口摂取します。
その時間を0分として血糖値を測定し、その後30分おきに血糖値の測定を繰り返していきます。

インスリンがもし分泌されていれば、血糖値は徐々に低下していきます。
インスリンには血糖値を下げる役割があるからです。それから120分後の血糖値が、最終的に診断対象となります。
必要に応じて、炎症反応の検査や、血中のインスリン値を測定することもあります。

これは耐糖能異常などをはじめとする軽度の糖代謝異常を調べる最も鋭敏な検査方法と言われています。
この検査で得られる結果は、正常、境界型、糖尿病型の3つのタイプがあり、それぞれが異なるパターンを示します。
糖尿病の疑いが否定できないグループ、糖尿病でなくとも将来糖尿病の発症リスクが高いグループなどに分けられます。
75gOGTT検査は、糖尿病のフォローをしていくうえで、非常に重要な役割を担っているのです。

インスリンの役割について学ぶ

体内でインスリンが正しく分泌されていないと75gOGTT検査で異常値が現われます。
インスリンは膵臓から出る体内ホルモンの一つで、血糖値を下げる役割を行う体内で唯一のホルモンです。
わたしたちが食事をした時には、栄養素のブドウ糖が腸から吸収されており、寝ている間や食事をしていない時には肝臓が中心となって糖を作っています。
糖が血液の中にある時は血糖と呼ばれ、車がガソリンを燃料として動くように体の燃料となっています。
食事をした時もしていない時も常に血液の中にあり、体の中の臓器や組織を巡っている大切な成分の一つです。

インスリンは膵臓にあるランゲルハンス島という組織にあるβ細胞で作られています。
食事によって血糖値が上がると、膵臓のβ細胞がこの動きを素早くとらえて、すぐにインスリンを分泌します。
体内に入った糖は血液中をただよい、筋肉などの組織にたどり着き、同じく血液中にあるインスリンの助けを借りて細胞に取り込まれ、体が活動するエネルギーの源になります。
組織内に余剰がある時には、細胞内に蓄えられて温存されます。
またインスリンはタンパク質の合成や細胞の増殖を促したりします。
つまりインスリンは食後によって増加した血糖を速やかに処理して量を一定に保つ働きをしています。

正常な場合は食事をした時から10時間以上経ち、絶食の眠りから覚めた朝方は、血液中の糖が一番少ない時期で、インスリンの分泌が少なく、食事で増えると分泌が増えます。
糖尿病になると分泌量が減ったり、分泌されてもうまく機能しなくなります。
こうなると身体にさまざまな悪い症状が発生します。
医療機関で採血検査を受けて、早期に発見し治療することが糖尿病の悪化を防ぎます。